2016年8月19日金曜日

VA-11 Hall-Aの音楽担当




VA-11 Hall-Aの音楽はプロトタイプ以降一貫してマイケル”ガロード”ケリーが担当している。
マイケル・ケリーはフリーの作曲家で、(恐らく)スケバンゲームからのオファーで担当している(のだと思われる)。
スケバンゲームはヴェネズエラの開発だが、マイケル・ケリーは米国、アラバマ州、オーバーン在住である。
日本のアニメ、PlayStation~PlayStation2時代のゲーム音楽の影響を受けているとの事。
サントラは全てBandCampで購入可能。全曲視聴可能だが、購入者はFLAC等のフォーマットが利用できる。気に入ったら貴方の通勤・通学・旅行のお供に是非。

VA​-​11 HALL​-​A - Second Round
(本編のサウンドトラック。全44曲)
VA​-​11 HALL​-​A Prologue OST - Sounds From The Future
(プロローグ版のサウンドトラック。全18曲)

ガロードの好きなゲームベスト7(順不同)出展はツイートから。3が多くない?

  • デビルメイクライ3SE
  • ウェーブレース64
  • メタルギアソリッド3
  • 真・女神転生III NOCTURNE
  • サイレントヒル2
  • ブレスオブファイア4
  • ストリートファイターIII 3rd STRIKE

使用しているDAWソフトはメインがCubase、場合によってReasonを使用する。
MIDIコントローラーはOxygen 49を使用。(現在はCode 61

PAX West2016でのGaroadの選曲

2020年に発売される予定のPixel Arc StudiosのBushidenの音楽を担当。


2018年中に発売される予定の Baroque DecayのYuppie Psychoの音楽を担当。

0 件のコメント:

コメントを投稿